コンテンツに進む

海外毛糸や編み針について分からないことがあったら、迷わずなないろ毛糸へGO!

贅沢を極めた最高級ベイビー・キャメルヤーン

Pascuali:パスクアリ キャメル DK


お客様限定先行ご予約のご案内

キャメルの毛について知っておきたいこと

Alexandr frolov, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons
キャメルにはいくつかの種がありますが、毛糸で使われる繊維は、内モンゴルの草原で飼育されているバクトリアン・キャメルという種の綿毛から採取されます。

ちなみに、野生のバクトリアン・キャメルは絶滅の危機に瀕しているため、繊維を採ることはできません。

キャメルから繊維を採取する方法は、羊などの他の動物とは異なり、毛を刈りません

バクトリアン・キャメルは、春の換毛期にその冬毛が自然に抜け落ちます。その抜け落ちた毛を集めて不純物を取り除き、柔らかな綿毛が最終的な繊維素材として使われます。最高品質の繊維はベイビーキャメルからとれる繊維で、大変希少です。

粗い繊維も破棄されることなく、敷物などの素材として使われます。

このように、動物を全く傷つけることなく、その素晴らしい天然繊維を採取することができるのです。

Pascuali:パスクアリ キャメル DK

今回ご紹介する毛糸は、ドイツのパスクアリ社の新製品です。

ベイビーキャメル100%のチェーンヤーンは大変軽く仕立てられているので、わずか350gで女性用のSからMサイズのセーターを編むことができます。

パスクアリ キャメル DKは、ウールの毛糸よりはるかに柔らかく軽く、そして厳しい自然から身を守るための毛は自然の温度調節機能を持っています。

ですから、冬は大変暖かく夏は涼しく過ごせる非常に軽い着心地のニットを編むことができます。

また、こうした優れた機能だけではなく、ナチュラルな光沢やその素朴な風合いも大変魅力的な毛糸です。

仕様・配合

構成: 内モンゴル産ベイビーキャメル 100%
仕立: 25g 約80m
推奨編み針サイズ: ヨーロッパサイズ 4-4.5 mm 国内 6-8号
10 x 10cmゲージ: 16目28段
参考使用量: 女性用Mサイズセーター/14玉 (350g)
洗濯方法: 30度までの手洗い
原産国 (繊維):キャメル~内モンゴル
原産国 (紡績/染色):イタリア/イタリア

キャメル+チェイン撚り=超軽量毛糸

パスクアリ キャメル DKが、どのくらい軽いのか他の毛糸と比べてみました。

キャメル DK vs ラミー

25g vs 50g

向かって左側がキャメルDKで25gのドーナツ巻き毛糸です。

右側が、エクストラファインメリノ80%の50gのドーナツ巻き毛糸です。

ご覧のように、キャメル DKは半分の重さにもかかわらず、50グラムのウール混の毛糸よりやや小さいだけです。

キャメル DKが、いかに軽いかかがお分かりいただけるかと思います。
キャメル DK vs デュオ・ムルチコローレ

25g vs 50g

向かって左側がキャメルDKで、右側が、ビスコース80%の50gのドーナツ巻き毛糸です。

素材が異なる同じチェーン撚り毛糸同士の比較です。

キャメル DKは、2倍の重さがあり、しかも軽くするためにチェーン撚りに仕立ててあるデュオ・ムルチコローレより大きいのです!
キャメル DK vs ソール

25g vs 50g

同じパスクアリ社の毛糸同士の比較です。

右側は、カシミヤを10%混紡した3本撚り50gのコットン毛糸「ソール」です。

キャメル DKは、50gのソールの半分の重さにもかかわらず大きさでは勝っています。

いかがでしたでしょうか?

キャメル DKがいかに軽い毛糸なのかお分かりいただけたと思います。

実は、この軽さは一朝一夕でできたものではなく、今回の新製品を世に出すにあたって工夫を重ねた結果、実現できたのです。

この素晴らしい新しい毛糸「キャメル DK」の軽さについて、パスクアリ社を率いる若き経営者のパウル・パスクアリ氏と話す機会がありましたので、以下にその会話の一部を掲載します。

パスクアリ社長に聞いてみた

細野:ところで、以前キャメルの毛糸を販売していましたよね?その毛糸は普通の撚糸でしたが、どうして今回のキャメル DKではチェーン撚りを採用したのですか?

パスクアリ:確かに以前のキャメル毛糸は撚糸だったね。あれはとても重いので、たとえば女性用のセーターを編むのに500~600gもの毛糸が必要だったんだ。

あなたもご存じの通りキャメルはとても高価な毛糸なので、それだけの量を使うとなると大変な出費になってしまうんだよ。

だから、今回は毛糸を軽くする工夫をして使用量を減らすことで、もっともっと多くの人にキャメルの毛糸を編んでもらいたいと思ったんだよ。


・・・。。。・・・


ということで、チェーン撚りに変更したのは作品の使用量を考えてのことだったんですね。僕はてっきり、製造上の理由か編地のテクスチャを変更したかったのかと思っていたので意外でしたが、彼のお客様を第一に考えるその姿勢に関心しました。教えられることがたくさんあったひと時でした。

ギャラリー

編み目は均一に揃い、編地はとてもしなやかです。
素朴で自然な光沢があります。
しかも、とってもエレガントです!
模様もしっかり出ていますね。
チェーンヤーンであることがわかります。

パスクアリ キャメル DK

お披露目@ケルン見本市

実は、パスクアリ キャメル DKはまだ販売が開始されていない新製品です。

3月31日より始まったドイツのケルン見本市で発表された毛糸で、まだ同社のホームページにも掲載されていません。

見本市の模様をご紹介しましょう。
内モンゴルから運ばれてきたキャメルの繊維素材を満載した貨物を模したディスプレイ
美しい11色のカラーバリエーションです。もちろん、すべてナチュラルカラー!
試し編みできます。
これが採れたて?のキャメルの毛!
脱色後かな?

販売につきまして

キャメル DKは発表されたばかりの毛糸なので、まだ正式に販売が開始されていませんが、今回パスクアリ社長より、なないろ毛糸で日本の皆様からの先行予約を受け付けることを快諾いただきました。

商品のメーカー出荷は5月を予定していますので、今ご予約いただければあと1か月と少しで、この希少なキャメル毛糸をお手にして編んでいただけます。

ぜひ、この機会に世界でも稀な最高級毛糸を編んでみてください。

ご予約に当たっては特別なことは一切ございません。いつも通りにこのページ下部に掲載された色番をお選びください。

ご予約販売受付期間


2023年4月2日(日) より2023年4月4日(火)までの3日間

お届け時期につきまして

5月にメーカーから出荷が開始される予定ですので、5月下旬から6月のお届けを予定いたしております。

パウル・パスクアリ氏

世界中を飛び回って、他社がまねできない素晴らしい毛糸の数々を生み出している若き経営者です。

扱っているのは、すべて天然素材だけで作られる毛糸だけ。

そして、社内もエコを優先した環境を作り上げているとのこと。

同社から届く毛糸が入った荷物も、プラスティックなどの梱包材は一切使用していないという徹底ぶりに頭が下がります。

なないろ毛糸では、これからもパスクアリ社の毛糸を積極的にご紹介していこうと思っていますので、よろしくお願いいたします。

色見本につきまして

まだ販売が開始されていない毛糸のため、色番毎の写真をご用意できておりません。大変申し訳ございません。

代わりに色見本の写真を掲載いたしますので、色選びの参考になさってください。
向かって左から、

03, 05, 06, 10, 11, 04 までが「ブラウン」系の色になります。

02, 01, 09, 08, 07が、「モノトーン」系の色になります。

商品ページ、このページ下部の色もこの順序で並べてあります。

執筆者

© 2023 細野淳一 なないろ毛糸 DOITUSYA GmbH

パスクアリ キャメル DK


全11色

商品が見つかりません
絞り込みの数を減らす、またはすべて削除する