ルール河畔の散歩 - ミュールハイム

細野淳一が投稿 2022年06月22日

ルール河畔の散歩 - ミュールハイム


ドイツほそきた珍道中 - 9ユーロチケットの旅の第2回目は、いつもは車で行く場所に電車に乗って行ってみました。

自宅から目的地までの電車のプチ旅行をドイツの電車事情を交えてご紹介しましょう。

と偉そうに言いましたが、僕は普段まったく電車を使わないので右も左も分からない上に、どこに行くにしても計画するということをしないので、実際にはしっかり計画を練っていた北林の後をついて行っただけということを告白しておきます。

さて、出発地点の自宅前には路面電車が走っているので、これでデュッセルドルフの中央駅まで1本で行けます。

所要時間は15分くらいかな。

写真は別の路線を走る路面電車です。いっつも思うんですがこれって鉄仮面みたいですよね。可愛くねぇ~~

この鉄仮面が街中を縦横無尽に走っているのがデュッセルドルフという街です。

By Kurt Rasmussen, Attribution, Link

市内のその他の公共交通機関としてはバスがありますが、バスは路面電車に比べて停留所の間隔が長くなっているのでより速く移動できます。

一見、反対のような気がしますが、エネルギー効率や排気ガスのことを考慮すると、電車をこまめにストップ&ゴーさせた方が良いのでしょうね。

街中の大きな通りには、必ずと言っていいほど路面電車が走っているので、車のドライバーは路面電車だけではなく路面を渡る乗降客に気をつけなくてはいけませんが、デュッセルドルフ市ではうまく共存できていると思います。

なんといっても路面電車は環境に優しいのですよ。

さあ、デュッセルドルフ中央駅に着きました!

By Christian A. Schröder (ChristianSchd) - Own work, CC BY-SA 4.0

ドイツ最大の州の州都の駅にしてはめちゃめちゃ地味だと思いませんか?

なんか工場みたいだし...

メインの入り口には、HAUPTBAHNHOF(中央駅)という表示と赤のDB(Deutsch Bahn:ドイツ鉄道)のマークしかありません。

駅名が書かれていないのもドイツの鉄道駅の特徴の一つです。なぜかって?なんでなんでしょうね、今度調べておきますね。

入り口を入ると...

By Clic - Own work, CC BY-SA 4.0

こんな感じに通路がまっすぐに駅舎の反対側に突き抜けていて、その両側に電車のプラットフォームへ上る階段と、地下鉄のプラットフォームへ降りる階段が等間隔で配置されています。

 20番線までありますが、これ以上ないというほどシンプルな作りになっているのでプラットフォームを探す必要は全くなくただ歩けば必ず行きつけます。

あ、ちなみに改札というのはありません。

誰でも電車に乗れます。

切符を持っていればですよ!もし、切符を持たずに乗車したら大変厳しい罰則を覚悟しなければなりません。

Von Clic - Eigenes Werk, CC BY-SA 4.0 

これは二階建ての赤い電車で、デュッセルドルフと近郊の都市を結ぶエクスプレストレインです。

日本で言うと特別快速とかになるのでしょうか?

電車がやってきたので乗り込みます。

やって来た電車は2階建てではなく普通の電車でしたが、中はびっくりするほどカラフルで清潔です。

僕が知っているヨーロッパの都市部の電車とは全く違う光景に驚きました。いやー、当時はどこで電車に乗っても目的地に早く着いて降車したいとしか思わなかったですもん。

と、進化を遂げた電車は快適なんですが、電車の運行はぜんぜん変わっていなくて当たり前のように遅れます。

そして、あろうことか乗っている間に目的地が変更されちゃいます。

今回は乗って二駅目で、目的地を変更したので〇方面に行きたい人は、〇〇駅で降りて乗り換えてね💛という車内アナウンスがありました。

まあ、これくらいのことでイライラしてるようではドイツでは生活できませんから、はいはい分かりましたよん💚くらいの余裕はかまさないといけません。

そうこうするうちに目的地の近くの駅に着きました。

駅前にはカフェがたくさんあって、休日を楽しむおじさんおばさん(なぜか若い人はいないのでした)でいっぱいですが、そんなギャラリーの視線を集めながらブーちゃんに乗って無邪気に遊んでいたその時!

背後に気配が...

か、かっけ~~~

米ちゃんみたいな髪、垂らしたイヤホン、💀のTシャツ、そして極めつけは、左右色違いのレッグウォーマー。

女の子も、破れたストッキングにコンバースのバッシュ、ワンピにパーカーのコーデも個性的で真似できないですね~

しびれます。

そんな二人が駅へ行くのを見送って、北林の後ろをとぼとぼ歩いていくと今日の目的地に着きました。

廃線になった鉄道の鉄橋からルール川を見下ろします。

空は高く夏が来た~っていう感じですね。

河畔には野趣溢れる庭園があります。

バラはもうそろそろ終わりに近いですね。

近くのカフェでお茶。(_´Д`)ノ~~オツカレー 北林

ナビありがと!

ということで、空、水、花と初夏のルール川を満喫した一日でした。

9ユーロの旅、次は何処へ行こうかな?

チャオ




細野淳一
細野淳一

執筆者



コメントする

コメントは表示される前に承認されます。


ドイツほそきた珍道中 - 9ユーロチケットの旅内のおすすめ投稿

ヨーロッパ最大級のショッピングモール - ツェントロ
ヨーロッパ最大級のショッピングモール - ツェントロ

北林裕美子が投稿 2022年06月25日

ドイツほそきた珍道中 - 9ユーロチケットの旅の第4回目は、巨大ショッピングモール「Centro:ツェントロ」の旅です。

さらに読む

デュッセルドルフ市内の隠れた名所 - ベンラート城
デュッセルドルフ市内の隠れた名所 - ベンラート城

北林裕美子が投稿 2022年06月23日

ドイツほそきた珍道中 - 9ユーロチケットの旅の第3回目は、バスで片道30分のプチお出かけです。

さらに読む

モーゼル川を遡る中世の遺跡の旅 - コッヘムからトリアーへ
モーゼル川を遡る中世の遺跡の旅 - コッヘムからトリアーへ

細野淳一が投稿 2022年06月21日

ドイツほそきた珍道中 - 9ユーロチケットの旅の第1回目は、フランス国境にほど近いドイツ最古の都市「トリアー」への電車の旅です。

さらに読む

x