去年の夏の夜、僕がお風呂上りに靴下を履くと

去年の夏の夜、僕がお風呂上りに靴下を履くと彼女は笑った - でも僕の足を見ると、その笑いは...!

彼女が、僕の足を見て驚いたのは、僕の足が赤ちゃんみたいにすべすべだったから。

「どうしたの、靴下なんか履いて?」雑誌をパラパラとめくっていた彼女が、僕の足を見てからゆっくりと目線を上げて言いました。

彼女の顔には少しだけ嘲るような笑みが浮かんでいました。

「いつも履いて寝てるんだ」僕は当然のように、少しぶっきらぼうな声で答えました。

「夏なのに?」

「一年中さ」僕は、彼女の反応を楽しむように意地悪な声色で言いました。

ますます困惑する彼女の顔をうかがうように「ほら」と言って靴下を脱いで彼女に足を見せました。

「えっ!!」

「触ってもいい?」僕の足のかかとに目を止めた彼女が恐る恐る言いました。

「もちろんだよ」と僕が言うと、彼女はそっと踵に手をあてました。

「赤ちゃんの肌みたい!全然カサカサしていないし。
なんか特別なクリームでも塗ってるの?」

「いや、全然。キミだって使ってるあの青い缶のクリームだけだよ」僕は洗面所の方に顎をしゃくりながら答えました。

「じゃぁ...もしかして」

「そう、靴下を履いているからだよ」僕は少し得意げに言ったあと、靴下を目の前にぶら下げて言いました。

「私も履いてみようかな。ねぇ、その靴下の素材は何?」

それから、編み物を趣味にしている彼女と夜が更けるのも忘れて毛糸選びをしました。


・・・


今年の夏の夜、僕の隣には、これで6足目になる自分で編んだ夜らしいシックな靴下を履いて、パラパラと雑誌をめくっている彼女がいます。


ーーーーーーーーーーーーー

足は乾燥しています

湿気の多い梅雨や夏でも、実は足は乾燥しています。

足は皮脂の分泌が無いので、水分がどんどん蒸発してしまうからなんです。

お風呂上りでしっとりとしているようでも、あっという間に乾燥してしまいます。

だから、乾燥しないようにケアすることが肝心なんですね。

クリームももちろん良いのですが、室内でも靴下を履くことはとても効果的です。

また、素足でのサンダル履きは厳禁です。

摩擦で皮膚を痛めるだけではなく、汗を吸収しないでじめじめしておくのは皮膚のトラブルのもとになります。

夏の足、特に踵のケアをしっかりやっておくと、冬になっても快適に過ごせるんですよ。


・・・


僕の足を見た彼女が選んだのは、ドイツの老舗ブランド「REGIA」のコットン・ソックヤーン「アラウンド ザ ワールド」。

春夏向けソックヤーンの大半がウール混ですが、レギア独自の製法でノンウールでありながら「赤ちゃんの肌のようにすべすべ」な肌触りを実現しました。

あなたもきっと大好きな、洗い立てのあのコットンの爽やかさと、しっとりとした柔らかさという相反する特性を兼ね備えた画期的なソックヤーンです。

夏の夜に履くには、これ以外無いと言ってよいくらいおすすめです。

そして、もうひとつ忘れてはならないのは、シックで大人向けの色柄から選べること。

段染め毛糸を良くご存じのあなたにも、楽しんで編んでいただける色変わりがありながら、夏の夜を過ごすに相応しい落ち着いた魅力的な色合いです。

↓ ↓ ↓ 夏の夜を快適に過ごすためのソックヤーンを、今すぐこちらでチェックしてください! ↓ ↓ ↓


P.S.

ドイツにも初夏らしい季節がやってきました。深夜にこの文章を書いている僕の足元もREGIAの靴下でバッチリ守っています。

ぜひ、あなたのパートナーにも、夏向けの手編みの靴下を編んであげてください。

P.P.S.

元々、ヨーロッパの短い夏に合わせて生産されるコットンソックヤーンですが、今年は巣ごもり需要の高まりで品切れが続出しています。

夏に向けて靴下を編むなら、今すぐにお求めにになることをお勧めいたします。
x