Lana Grossa メリノ リネア のご紹介

さて、この毛糸は何色あるでしょうか?

↓↓↓
色の系統で言うと青と緑の2色ですね。

ですがその2色がそれぞれグラデーションになっており、色数となると多過ぎて数えきれません・・・。
さらにこの糸は太さが一定でないスラブ糸となっているため、光の反射の関係でより複雑な色に見える効果があります。
しかも「リネア(線)」という名前の通り、柄が細かいストライプとなり、縞と縞の視覚効果で遠目で見たときの色の混ざり具合が絶妙です。

そのため、毛糸玉では派手な印象があっても、編み上がった編地は不思議と落ち着いてまとまって見えます。

このようにさまざまな工夫が仕掛けられた独特の雰囲気を醸し出すソックヤーンです。

糸を変えることなく、まるで2色の違う毛糸を交互に編んでいるような柄となるので、一般的な段染めソックヤーンでは味わうことのない多色遣いの魅力を存分に楽しめます。
また、メリノウール使用なので、肌触りの良さもワンランク上です。

全8色のラインナップ

7441 青の洞窟

7441 をカートに入れる

7443 トルマリン

7443 をカートに入れる

7445 サングリア

7445 をカートに入れる

7446 曼珠沙華

7446 をカートに入れる

7447 ハーブガーデン

7447 をカートに入れる
毛糸玉からは想像もつかないような作品ができあがります。

ぜひあなたも実際に編んで色のマジックを体験してみてください。
x