簡単にお洒落なショールを編む方法

あなたはこんな経験はありませんか?


あこがれのボッベル糸を買って、いざショールを編んでみたは良いけれど、1000mもの糸を延々と同じ作業の繰り返しで編むのがだんだんと苦痛に感じたり。。。

やがて「本当に最後まで編み上がるのかしら?」と不安になってしまったり。。。

美しいグラデーションが出るのはわかるし、早く仕上げたいけれどなかなか時間が取れなくて進まない。。。

など、悩ましいことも多いのも事実です。

でもそんなあなたに朗報です!

実は簡単に手早くショールを編むのに大切なのは、ショール編みに特化したもので、ある程度の太さがある糸を選ぶこと。

それはどうしてかと言うと、

例えばショートピッチのソックヤーンを使ってショールを編むと、本来は靴下を編む目数できれいな模様が現れるピッチのため、大判のショールにするとブチブチと線が切れたような色変わりとなってしまいます。

そうなると、編んでいても一体何色のどんな模様の物を編んでいるのかわかりずらく、途中で挫折しそうになります。

また、逆に通常の4本撚りボッベル毛糸だと、糸が長いため次の色が出てくるまで果てしなく同じ色を延々と編むことになり、それはそれで飽きてしまいますよね。
ところが、今回ご紹介する糸で編むと、ソックヤーンの柄に似たピッチで程よいタイミングで色変わりしてくるので、まるで靴下を編んでいるかのような感覚で飽きることなく、さくさくショールが出来上がっていきます。

さらに糸の太さにばらつきのあるスラブ糸のため、編み目の均一さを気にせず楽に編み進めることができます。

つまり、普通に編むだけで編み目の強弱を楽しめる作品ということになります。
そうなると無理なくショールが編めそうな気がしませんか?

どんな糸?

スペインのKatiaがお贈りする、インドの都市「ヴァーラーナシー」と名付けられた、エキゾチックなカラーバリエーションが魅力の糸です。
■ 仕様・配合

メーカー: Fil Katia, S.A.
ブランド: Katia
構成: ウール 52% アクリル 48%
仕立: 150 g 約480m
推奨編み針サイズ: 棒針 ヨーロッパサイズ 3.50-4.00 mm 国内 5-6号
かぎ針 ヨーロッパサイズ 4.00-4.50 mm 国内 7/0-7.5/0号
10 x 10cmゲージ: 21目28段
参考使用量: ショール/1玉
洗濯方法: 30度までの洗濯機洗い

※ 糸の始まりと終わりの色が均一でないため、必ずしもショール画像と同じような色の出方となるわけではありませんので、予めご了承ください。

鮮やかな8色のラインナップ


スペインでデザインされイタリアで染色された鮮やかな8色が勢ぞろい
大人気のため、販売開始直後に売り切れてしまった色番がありますが、再入荷通知を登録していただくといち早く再入荷のお知らせを受け取ることができますので、ぜひご利用ください。

次回入荷分もすぐに売り切れが予想されますので、ぜひご登録ください。
以上、Katia ヴァーラーナシーのご紹介でした。

この糸を使うとササッとストレスなく簡単にショールが編みあがります。

もう途中で挫折することもありません。

編みかけのまま放置してしまう心配もありません。

どうしても暗い色合いになりがちな秋冬のコートに、ぜひこの毛糸で編んだ鮮やかなショールで彩りを添えて、華やかな装いを楽しんでください。

ただしこの毛糸、初回入荷が限定各色6個となります。

次回入荷時期が未定のため、お気に入りの色は今すぐご購入されることをおすすめします。

商品はこちらです

追伸


以下に、色選びがしやすいようにショール画像一覧を掲載しておきます。

追追伸


糸は良いけれど、一体どうやって編めば良いの?というあなたにピッタリのシンプルな三角ショールの編み方の解説動画がありますのでご紹介します。

↓↓↓ 押すと動画が始まります。
x