クレイジーザウバーボール?それともツァウバーバール クレイジー?

細野淳一が投稿 2022年04月09日

クレイジーザウバーボール?それともツァウバーバール クレイジー?

 
先日、ツイッターでこんな質問を受けました。

「クレイジーザウバーボールは呼び名が変わったんですか?」

ソックヤーンファンに広く知られているショッペルを代表する逸品ですが、なないろ毛糸を開店するときに旧称を改め「ツァウバーバール クレイジー」と表記しています。

旧称の「クレイジーザウバーボール」は、実は誤ったドイツ語読みと英語読みを混ぜてしまっている無茶苦茶な日本語表記なんです。

ところが、10年以上前になりますが、僕たちが取り扱いを開始した時には既に広く日本のニッターさんに浸透してしまっていました。

その為、やむなく旧称を使用していたのですが、たまにドイツ語を良く知る人からあまりにもおかしな日本語訳だとのご指摘を受けてきました。

この旧称がどのくらいおかしいかと言いますと、

原語のCrazy Zauberballの「zauber」は「魔法の」という意味ですがザウバーではなくツァウバーと発音します。

ザウバーというのは「お掃除」を表す「sauber」のカタカナ表記で、しかもボールはドイツ語の「ball(バール)」を英語読みしてしまっているのですが、むりやり日本語にすると、

「お掃除玉」

になってしまい、あの美しい毛糸とはまるで正反対の姿が浮かび上がってきてしまいます。

また、一時どういったわけか「ザウワーボール」という表記が現れたことがありました。

これだと、「ザウワー」は酸っぱいという意味で、あのザウワークラウトのザウワーです。

「酸っぱい玉」

もう何がなんだかわけわかめ...

ということで、きちんとしたカタカナ表記にすることにしたのです。

長くなったついでにもう一点、数年前にショッペルが申請していた「Zauberball」の商標登録が受理されたことから、正式な商品名が「Crazy Zauberball」から「Zauberball®Crazy」に変更されました。

それを受けて、日本語の名称も「クレイジー」を後ろに持ってきています。

以上が、弊店が「ツァウバーバール クレイジー」と表記している理由になります。

もちろん、弊社はショッペルの一代理店に過ぎず、同社の権利を代表する立場にはありませんので、その点はご承知おきください。

。。。・・・。。。

どんな商品でも、メーカーが心を込めて作ったいわば子供のような存在です。

ですから、僕たち中間販売者は皆さんにその名前を正確に伝える義務があると思っています。

もし、商品名やその記載事項に誤りやおかしな点がございましたら、ご指摘いただけましたらとても助かります。

いつもながら、長文にお付き合いいただきまして、どうもありがとうございました。

これからも、ツァウバーバール クレイジーをよろしくお願いいたします。


あなたを虜にする魔法の毛糸 ツァウバーバール クレイジー




細野淳一
細野淳一

執筆者



x