豆から作ったソックヤーンのここがスゴイ

細野淳一が投稿 2022年03月31日

豆から作ったソックヤーンのここがスゴイ

昨日、スーパーでこんなものを見つけました。

キッコーマンさんの醤油は珍しくもないのですが、無添加オーガニックを示す「Bio」とラベルにあります。

その横には、なんと「減塩醤油」まであって、お醤油はドイツ人家庭にすっかり浸透した感があります。

その他にも、お豆腐や豆乳は普通に売っていますし、大豆タンパクから作られたいわゆるフェイクミート(代替肉)は、ハム、ソーセージからステーキまで大豆製品花盛りなんですよ。

ドイツ人の健康や環境への関心の高さは、このような日常口にする食品レベルでも知ることができます。

なないろ毛糸でも、大豆から作ったソックヤーンを販売していますが、もちろんこのような背景とも無縁ではありません。

でも、実はソックヤーンとしてもとっても優れた一面も持ち合わせているんですよ。

どんなところがスゴイのか、実験をしてみました (^▽^)/

豆から作ったソックヤーンのここがスゴイ




細野淳一
細野淳一

執筆者



x