シルク混のソックヤーンが売れるわけ

細野淳一が投稿 2022年03月29日

シルク混のソックヤーンが売れるわけ

 

ドイツは夏時間が始まりました。

時計の針を一時間進めることで暗くなる時間が遅くなるので、先週まで7時に陽が沈んでいたのですが、今は8時が日没時間です。

これからぐんぐん日が伸びるので、夏至の頃には夜10時を過ぎてもまだ明るいんですよ。

ですが、夏時間が始まったと言っても来週の天気予報には雪マークが付いていますから本格的な春はまだ先のようです。

あなたの地域ではいかがでしょうか?

桜が咲いたところもあるでしょうし、まだまだ雪に覆われたところもあるかと思います。

季節の変わり目ですので、体調を崩さないようにどうかご自愛くださいませ。

さて、なないろ毛糸では、2021年のシーズンを通じて様々な素材のソックヤーンをご紹介してきましたが、中でもシルク混の「Lana Grossa セータ」シリーズは多くのお客様から大変好評を頂いております。

先日販売を開始いたしました「セータ アドリアーナ」を持ちまして今期の最終入荷となりましたので、今回は総集編として同シリーズを通して再紹介させて頂こうかと思います。

ただし、商品在庫はかなり少なくなっておりますので、その点はどうかご了承下さいませ。

それでは、シルクが入ったソックヤーンをご覧くださいませ。

こちらからどうぞ ↓ ↓ ↓

【総集編】シルク混のソックヤーン




細野淳一
細野淳一

執筆者



x