往年の大スターに靴下を履いてもらうとしたらどうやって選ぶ?

細野淳一が投稿 2022年02月22日

往年の大スターに靴下を履いてもらうとしたらどうやって選ぶ?

 
今日は、昭和のおじさんとおばさん向けのお話になりますが、もしお若いあなたもお時間があれば、年寄りの与太話にお付き合いくださいませ。

さて、

もし、あなたが今から往年の大スターに履いてもらうための靴下を編むとしたら、どんな基準で色や柄を選びますか?

「往年の大スター」については、ぜひ具体的な一人を妄想、もとい思い浮かべてください。

色についてはどうでしょうか?彼(彼女)の好みに合わせたいですよね。

これは調べみれば、なんとなく分かりそうです。

柄はどうなのかというと、相当なこだわりを持っていそうです。

あなたがいつも編んでいる多色使いの段染めソックヤーンでも、市販の靴下に負けないオリジナリティー溢れる靴下ができそうです。

けど、さすがにデザインが甘すぎるかも。

ストライプとストライプの間に、ポチポチっとフレーク模様が入ってるのとか、めちゃ可愛いんだけどね。

たとえば、こういうのね ↓ ↓ ↓
 
 
ということで、もう少しエレガントな柄の候補としては、

ストライプ

とか、

グラデーション

なんかがあげられますよね。

この二つから選ぶとしたら、あなたは何を基準に選びますか?

相手の性格?

白黒はっきりさせたい性格みたいだからストライプとか?

穏やかでおっとりタイプに見えるから柔らかなグラデーションとか?



......

.....

....

..





(´-ω-`)正直キマラン



迷ってしまって決めることができない僕やあなたには、ハンサムなストライプ模様でありながら、エレガントなグラデーションが美しいこんなソックヤーンはいかがかしらん?

こらなら、市販の靴下にはない世界で一つだけの靴下になりそう。

うん、スターのあの人にピッタリだわ。

  
往年の大スターに履いてもらう靴下を編むソックヤーン




細野淳一
細野淳一

執筆者



x