なぜ、見える福袋が売れないのか? その理由を考えて作ったお申し込み殺到の福袋とは

細野淳一が投稿 2022年11月15日

なぜ、見える福袋が売れないのか? その理由を考えて作ったお申し込み殺到の福袋とは

 
もし外国人から「福袋ってナンでーすかァ?」って聞かれたら、

「いろんなものを詰めて、中身が分からないように封をして売ってる袋のことでござんす」

な~んていうのが模範解答でしょうか?

ところがです、色々なものが多様化している昨今、中身が見える福袋なる物が販売されているんですよ。

なるほど、中身が分かれば安心して買えますものね。

これを知った僕たちは、早速真似っこして中身の見える福袋と、これまで通り見えない福袋を作って同時に販売してみたんです。

そしてその結果はというと...

...

...

...

なんと「見えない」福袋の圧勝でした!

なんでだろ?と思いましたが、少し考えれば理由は明らかでした。

だって、中身が分かっているモノを安く買うのだったら、例えばセールの時に自分で好きなものを選んで買えばいいですものね。

じゃあ、どうして皆さん福袋を買うのかっていったら、やはり安いだけではなく楽しみを買っているんですよね。

何が入っているか分からないっていうことは、福袋には欠かせない要素ってことなんです。

ところが一方で、持っているものが入っていたらとか、全く不要なものが入っていたらとか、これって誰もが考えるじゃないですか。

うーむ、これはジレンマに陥ってしまったかも...

めっちゃ考えましたよ。

でもね、

誰もがその中身全部を必要とするとか、手放しで気に入るとか、そんなの不可能!

だって、見えないんだから。

だったらどうすんの?

ってことで作ったのが今回販売している福袋なんです。

一つは、これまでにも、そしてこれからも*販売していない/しない*ソックヤーンだけを詰めた福袋。

これまで「なないろ毛糸」でソックヤーンを買ったことがあるお客様向けのダブらない福袋が「ときめき福袋」です。

※ 「ときめき福袋」は完売いたしました


そして二つ目が、これまでずっと販売してきて好評を得ているお得感を追求した元祖」福袋。

今回が10代目になります。

初めてウチで毛糸を買うあなたには特にお勧めです。

なぜならウチで売っているソックヤーンって、僕たちが独自にリサーチして仕入れているので他店では買えないものが多いんです。

ヨーロッパの色々なメーカーのソックヤーンが6個入っています。

もちろんダブりなんかはありえないですよ。

箱を開けたら、きっとどれから編もうか悩んでしまうと思いますよ!


「十代目 元祖福袋 2023」は、こちらからどうぞ




細野淳一
細野淳一

執筆者



x