夏の終わりの観覧車と言えばこの毛糸です - 夜空をイメージした毛糸のご紹介

細野淳一が投稿 2022年09月06日

夏の終わりの観覧車と言えばこの毛糸です - 夜空をイメージした毛糸のご紹介 - なないろ毛糸

 
写真はカリフォルニアはサンタモニカの桟橋の夕暮れですが、夏の夕暮れ時というのはなんとも風情があって良いものですね。

ここドイツでも夏の間、「~フェスト」と名の付くお祭りが全国各地で開催されています。

なないろ毛糸の本拠地のデュッセルドルフ市で有名なのがライン川の河川敷にやってくる巨大な移動式遊園地「キルメス」です。

高さ数十メートルもあるような巨大な絶叫マシンが組み立て式というのですから、そのスリルも2倍増し、いや2乗倍!であること間違いなしです。

そんな絶叫マシンに混じって、ひときわ存在感を誇示しているのが遊園地には欠かせない観覧車。

特に最近は、LEDとコンピューターのおかげでライティングがとっても綺麗になったので、陽が落ちてからは観覧車の独壇場です。

毎年夏になって観覧車を目にするたびにあの毛糸を思い出すんですよねぇ~(って毎年言ってます ^^;)

ということで、夏の風物詩がこの毛糸を連想させるという記事を今年もお届けいたしましょう!

お時間がありましたらこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓


夜空に煌めく観覧車を見ていたら...

 
写真はカリフォルニアはサンタモニカの桟橋の夕暮れですが、夏の夕暮れ時というのはなんとも風情があって良いものですね。

ここドイツでも夏の間、「~フェスト」と名の付くお祭りが全国各地で開催されています。

なないろ毛糸の本拠地のデュッセルドルフ市で有名なのがライン川の河川敷にやってくる巨大な移動式遊園地「キルメス」です。

高さ数十メートルもあるような巨大な絶叫マシンが組み立て式というのですから、そのスリルも2倍増し、いや2乗倍!であること間違いなしです。

そんな絶叫マシンに混じって、ひときわ存在感を誇示しているのが遊園地には欠かせない観覧車。

特に最近は、LEDとコンピューターのおかげでライティングがとっても綺麗になったので、陽が落ちてからは観覧車の独壇場です。

毎年夏になって観覧車を目にするたびにあの毛糸を思い出すんですよねぇ~(って毎年言ってます ^^;)

ということで、夏の風物詩がこの毛糸を連想させるという記事を今年もお届けいたしましょう!

お時間がありましたらこちらからどうぞ

↓ ↓ ↓


夜空に煌めく観覧車を見ていたら...




細野淳一
細野淳一

執筆者